比較イソフラボン

更年期障害かどうかのチェックポイントって?

 

更年期と言われる時期は、閉経前後の45歳ぐらいから55歳ぐらいまでといわれています。
この年齢になると、多くの人が更年期障害はいつから始まるのだろう?気になりだすことでしょう。

 

そういった時にたまたまでも冷えやのぼせなどの症状があれば、もしかして更年期障害?と思う方もいるものです。しかし、毎日を忙しく過ごしていると症状が軽い場合はあまり重大に考えないものです。

 

更年期障害の症状がは適齢期を迎えればいつ現れてもおかしくありません。

 

「もしかして更年期障害?」と思ったら

 

「もしかして更年期障害?」と思ったら、どこをチェックすればよいのでしょうか?

 

まず、更年期障害の代表的な症状として、冷えやほてりがあげられます。
不眠の症状やイライラ感・不安感・抑うつ感などの精神症状に悩まされるケースも多いようです。
また、極端な疲労感や肩こりなどが起こりやすくなります。

 

冷え・ほてり
不眠症状
イライラ・不安感・抑うつ
極端な疲労感・肩こり

 

一つ一つを挙げると、そこまで重大なことではないように感じても、全体としてみると以前より変わったように思うこともあるかもしれません。要は、こういった症状があるかないかがチェックポイントです。

 

我慢は禁物。早めに病院へ。

 

どういった症状か・程度はどうかということによって、治療の内容が決定していきます。
今では、インターネットに様々なチェックリストが掲載されています。

 

 

もし、病院に行くほどでもないと思う場合には、それを参考してもいいかもしれません。

 

ただしセルフチェックの結果は自己判断です。
更年期障害だという疑いが強いのであれば、きちんと婦人科を受診しましょう。

 

始めのうちは症状が軽度ということもありますが、その症状がだんだん悪化してしまうということも珍しくありません。治療に時間がかかってしまうことがあるので、我慢は禁物です。

 

 

中でも精神的な症状は自分では進行度合いがわからないことも多いですから、早めに病院に行くようにしましょう。

 

特に問題がなければ、そのように医師から告げられることだけでも安心する場合があります。
とにかく、一人で悩まないことが重要ですよ。

目的別で選んで イソフラボンサプリメント