動脈硬化にはイソフラボンが効果的?

動脈硬化にはイソフラボンが効果的?

 

動脈硬化の予防を考えているのであれば、イソフラボンを積極的に摂取しましょう。
イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれているため、毎日の食生活を見直すだけで摂取が可能です。

 

 

代表的な食材として有名なのは、豆乳や豆腐・納豆やきな粉・味噌などでしょう。
このような食材を毎日の食事に取り入れるようにするのがおすすめです。

 

なぜイソフラボンは動脈硬化に良いの?

 

ところで、なぜイソフラボンは動脈硬化に良いのかご存じでしょうか?それは、動脈硬化の原因と考えられるコレステロールのバランスを整える作用がイソフラボンにあるためです。

 

女性ホルモンのエストロゲンに似ているイソフラボンとは、血液を綺麗にする成分を持つフラボノイドの一種です。一日の摂取量は、40〜50mgが適量とされています。

 

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、さらにはコレステロールの酸化を防いでくれるという、とても優秀な栄養素です。動脈硬化の予防には欠かせないものと言えますね。

 

 

日本人は昔から大豆食品が大好きです。
現代でも比較的無理なく摂取できるのではないでしょうか?

 

イソフラボンの他にもあります!動脈硬化の予防食

 

イソフラボンの他にも、動脈硬化は青魚やきのこ・海藻類に含まれるエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸、ダイエタリーファイバーなどが効果的といわれています。

 

これらの栄養素を含む食材とイソフラボンを一緒に摂取すると、より動脈硬化の予防に効果的です。

 

 

動脈硬化は、とても恐ろしい病気です。

 

最近の食生活は欧米化してきているため、大豆から縁遠くなっている若者も多いかもしれません。
今のうちから食生活を昔ながらの和食に戻していくようにしましょう。

 

動脈硬化は進行してしまってからでは遅いのです。
イソフラボンを摂取できるメニューのもとで食事すると良いでしょう。

目的別で選んで イソフラボンサプリメント