プレ更年期障害とは?

プレ更年期障害とは?

 

更年期障害という言葉は、ほとんどの方が知っているでしょう。
多くの女性が何らかの症状を経験するものです。

 

最近ではその更年期障害に次いで、プレ更年期障害という物が登場しています。
一体どういうものなのでしょうか?

 

更年期障害とは

一般的には閉経を迎える年齢(日本人女性は大体50歳前後)で、45歳から50歳くらいの時期を指しています。この時期に冷えやのぼせ、ほてり、イライラや不安感、憂うつ感などの症状が現れ、その程度が重い時のことが更年期障害と呼ばれます。

 

プレ更年期障害とは

35歳〜45歳くらいの間の一般論より早い時期に更年期障害に似た症状が現れるものです。

 

近年増え続ける「プレ更年期障害」

 

最近、プレ更年期障害を訴える女性が急増しているのです。
閉経するわけでもないのに、何が起こっているのでしょうか?

 

もともと卵巣の機能は年齢と共に徐々に低下していくものです。また、女性は常に妊娠や出産、育児、家事、仕事などといった様々なストレスや過労と闘っています。

 

 

近年、共働きで子どもを育てている女性も多いことや、育児家事に関しても核家族化が進んでいることから、女性の負担が増えています。

 

このような状況から、過度のストレスと卵巣の機能の低下が起こり、ホルモンのバランスを崩して更年期障害のような症状を引き起こすのではないかと考えられています。

 

プレ更年期障害を予防するには?

 

プレ更年期障害を予防するためには、ストレスを溜め込まないことと疲れすぎないということになります。

 

確かにこの年齢は、育児や家事などで自分の時間が持ちにくい時期です。しかし、ストレスを発散できるような趣味を見つけるなどして、健康的な生活を送るように心がけましょう。

 

更年期障害に似た症状が出てきた場合は、早めに専門医に相談することも重要ですよ。

目的別で選んで イソフラボンサプリメント